La Musica
 ホーム | 講師・タレント | 教室案内 | レッスン | お問い合わせ | リンク | カレンダー | 掲示板

 <講師>
◇下平 麻紀(しもだいら まき)
   長野県駒ヶ根市出身。武蔵野音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。伴奏者として卒業演奏会に出演。第16回日墺文化協会新人オーディション合格、奨励賞受賞、入賞者コンサートに出演。第33回国際芸術連盟新人オーディション合格、推薦コンサートに出演、松尾ホールにてリサイタルを開催。現在、椎野伸一、横山幸雄の各氏にピアノを、故白石隆生氏にピアノ・室内楽・伴奏法を、馬淵明彦氏にリトミックを師事。
 幼年のピアノ指導を得意としており、特にリトミックでは、単なる音遊びではなく、音楽教育を見据えたリトミック本来の指導を受けることができる。ピアノ、ソルフェージュ、楽典の指導において、音楽大学受験を見据えた細かな指導が成果を出し、音楽方面に進むたくさんの生徒を育成・輩出している。また、音楽コンクールにおいても生徒を入賞、入選させ、高い評価を受けている。
 
◇佐藤 大介(さとう だいすけ)
   千葉県市川市出身、武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。ピアノを岩谷晴代、磯村叙子、野口明子、白石隆生、武内俊之の各氏に師事。作曲を北條直彦氏に師事。パイプオルガンを中村岩城氏に師事。
 ピアノの個人指導や市川公民館のピアノサークル、ピアノ講座の講師を務める傍ら、ソロや伴奏などの演奏活動を展開している。日本音楽舞踊会議フレッシュコンサート出演、国際芸術連盟新人オーディション合格、同連盟のジョイントコンサート、シド音楽企画のジョイントコンサートに多数出演。日本音楽舞踊会議会員。
 現在は、自らの演奏能力と音楽教育における構築力を更に高めるため、東京芸術付属高校・同大学・同大学院を全て首席の成績で卒業、日本学コンクール優勝などの輝かしい功績を残した、日本を代表する若手ピアニスト:武内俊之氏の下で研鑽を続けている。
 
◇新海 智貴(しんかい ともき)
   北海道剣淵町出身。武蔵野音楽大学声楽科卒業。同大学院修了。東邦音楽大学総合芸術研究所にて研鑽を積む。平成10年、八ヶ岳高原こぶちさわ音楽祭にて「泣いた赤鬼」青鬼役(バリトン)として出演。平成14年、高輪会にてヴェルディ作曲「イル・トロヴァトーレ」ルーナ伯爵として伊原直子氏らと共演する。その後故エレナ・オブラスツォワの助言により声種をテノールへと変更。平成24年、25年には東京、長野にてリサイタルを行い、好評を博した。平成26年10月には北海道東川町開拓120周年、同町小学校新築記念においてベートーヴェン第九演奏会にてソリストとして出演。同小学校体育館を舞台に、出演者及び来客者1000人を超える大演奏会となり話題となった。現在リリコ・テノールとして多数の演奏会に出演、活躍している。
 萩原尚文、中山文雄、勝部太、日比啓子、松本美和子、故ジャン・フランコ・パスティネ、故エレナ・オブラスツォワ、ゾラン・トドロヴィッチの各氏に師事。
 指導科目は声楽を主としながら、高度なピアノテクニック指導、合唱、吹奏楽など広範囲に及び、その水準の高さは、他の音楽家からの信頼も厚い。
 

<所属タレント> 一緒に活動をしてくれる音楽愛好家を募集しています。


Copyright(c) 2008-2019 Music Institute La Musica All rights reserved.