La Musica
 ホーム | 講師・タレント | 教室案内 | レッスン | お問い合わせ | リンク | カレンダー | 掲示板

【 開講しているレッスン科目は、各教室により異なります。まずはお気軽にお問い合わせください 】
◇ピアノ
<3歳児からのピアノ>
早くからピアノを学び始めることにはいろいろと意見がありますが、ここで行うピアノレッスンは、ピアノをただ弾くというよりも、ピアノを通して音楽に興味を持てるということが大きな目的です。しかしながら、気づいてみれば、当教室の生徒たちも年中にもなれば、楽譜を読みながら弾くことなど、当然のこと。子供達の成長は、私たちが思っている以上に可能性に満ちているのです。だからこそ、基本が大切です。そして、教える私たちも、プロとして真剣に向き合う必要があります。いつでも演奏家としてお手本を見せられる先生でなければ、子供達の能力を育てることなど到底できるはずがありません。

<音楽高校・音楽大学受験>
学校により方向性はまちまちですが、楽しんでピアノを弾いているだけでは、やはり受験には通用しません。少なくとも、基本をしっかりと身につけ、その学校の傾向に基づき受験対策を行うことが不可欠となります。そのためにも、早い段階から準備をし、誰もが認めることのできる技術を習得する必要があるのです。当教室では国公立・私立の音学大学や教育学部へ確実に生徒送り出し、その経験からも自信をもって対応することが可能です。
◇リトミック
まだピアノを弾くことができない子供のために、導入としてリトミックを活用いたします。もちろん、音楽感を養うために、そしてソルフェージュなどの準備段階としてのリトミックは効果的な手法と思われます。体や道具を使って表現したり、音楽の規律を体感したりします。なお、3歳未満の子供達のレッスンには、場合により大人もご一緒に参加していただく事がございます。
◇ソルフェージュ・楽典
音楽を楽しむためには、ルールを知ることが大切です。ドライバーが標識を見て運転するように、楽譜にかかれている記号などを読み、私たちは音楽を楽しむことができます。ここでは視唱・視奏・リズム・聴音・理論等を勉強し、演奏の向上に役立てます。

<音楽高校・音楽大学受験>
音楽大学の受験科目には、視唱・視奏・リズム・聴音・理論等が含まれます。これは特殊な科目で、独学は難しいと考えられます。また、各大学によって傾向やレベルは様々です。しっかりとした対策こそが、合格への近道です。
◇声楽
ヴォイストレーニングと言われることが多いように、声楽における主なトレーニングは発声と思われがちです。当然発声は声楽にとって一番重要な課題です。しかし、そこには総合的に複数の要素が絡み合っており、そのバランスが重要なのです。高い技術に接したとき、益々声楽のすばらしさを感じることができるでしょう。 専門的な個人レッスンはもちろん、グループレッスン、合唱、懐かしの歌を扱った教室など、様々な形でヴォイストレーニングを行っており、ご自分の目的に合わせてご利用することができます。

Copyright(c) 2008-2019 Music Institute La Musica All rights reserved.